特許+A.comトップ>実用新案の出願書類の記入項目                                    特許+A.com

 実用新案の出願書類の記入項目


出願書類の記入項目

       実用新案登録に必要な出願書類は、特許と変わりません。実用新案登録願明細書図面要約書実用新案登録請
       求の範囲
などが必要になります。記入項目も特許とほとんど変わりません。各書類の記入項目は下記の通りです。

       全てA4サイズの用紙です。

実用新案登録願の記入項目 実用新案登録請求の範囲の記入項目

特 許

印 紙
   (      円)
    【書類名】  実用新案登録願
    【整理番号】
   ( 【提出日】  平成 年 月 日 )
    【あて先】  特許庁長官 殿
   ( 【国際特許分類】 )
    【考案者】
      【住所又は居所】
      【氏名又は名称】
識別ラベル

   ( 【代表者】 )       または
   ( 【国籍】 )
   ( 【電話番号】 )
    【提出物件の目録】
    【納付年分】 第 年分から第 年分
    【物件名】  実用新案登録請求の範囲
    【物件名】  明細書
   ( 【物件名】  図面 )
    【物件名】  要約書


   【書類名】  実用新案登録請求の範囲



   【請求項1】 実用新案を受けようとする考案を
           特定するために必要と認める事項の
           すべてを記載した項(請求項)に
           区分して記載してください。

           請求項ごとに行を改め、番号を
           付してください。請求項の数が
           1の場合でも、【請求項1】と
           記載し てください。又、2以上の
           場合は、【請求項1】、【請求項2】
           のように連続番号を付してください。


明細書の記入項目 図面の記入項目

   【書類名】  明細書
   【考案の名称】
   【技術分野】
      【0001】
   【背景技術】
      【0002】
   【考案の開示】
   【考案が解決しようとする課題】
      【0003】
   【課題を解決するための手段】
      【・・・・】
   【考案の効果】
      【・・・・】
   【考案を実施するための最良の形態】
      【・・・・】
   【実施例】
      【・・・・】
      【・・・・】
   【産業上の利用可能性】
      【・・・・】
   【図面の簡単な説明】
     【図1】
      「〜を示した平面図である。」のように記載します。
     【図2】
      「〜を示した断面図である。」のように記載します。
    【符号の説明】
    
    
    

   【書類名】  図面

   【図1】
(図)

   【図2】
(図)


要約書の記入項目

   【書類名】  要約書
   【要約】    この欄は、記載しないで下さい。

   【課題】
    考案の課題を簡潔に記載して下さい。



   【解決手段】
    考案の解決手段を簡潔に記載して下さい。



   【選択図】
    「図○」のように図の番号のみを記載して下さい。
    図を描く必要はありません。

                                                             次の実用新案の出願書類の書き方へ
                                                                  前の実用新案にかかる費用へ
                                                                         特許+A.comトップへ
当サイトはリンクフリーです。当サイトに掲載されている画像、文章は転載禁止です。Copyright(C)2007 RIKSAP.ALL Right Reserved.

相互リンク:陸上競技