特許+A.comトップ>実施契約とは                                                 特許+A.com

 実施契約とは


実施契約とは

       特許権を取得し、その発明を商品化するため、企業と契約をむすぶことを実施契約といいます。実施契約をすることにより
       実施料(ロイヤルティ)を受け取ることができます。実施料の支払われ方は様々で、企業との交渉によって決まります。

実施料の支払われ方

       実施料の支払われ方は、主に下記のようなものがあります。

       実施料の主支払われ方
       1、販売数、1個につき●●円支払われる。
       2、販売価格の●●パーセント支払われる。
       3、毎月決まった額を支払われるといった定額制。

       実施料の支払われ方は、特に決まりはないので、他の支払われ方もあります。その中でも、もっとも一般的なのは、1の
       販売価格の●●パーセント支払われるといったやり方です。この場合、発明者、企業、ともに商品が多く売れても、売れな
       くても、損をするケースが少なくてすみます。料率はだいたい価格の3〜5%が多いようです。

譲渡契約について

       実施契約の他に譲渡契約といったものがあります。この契約は、権利を完全に渡してしまうといった契約です。もし、これ
       により権利を渡した発明が、爆発的に売れたとしても自分のところには何も入ってきません。このようなことから、譲渡契約
       よりも実施契約をするほうが良いでしょう。


                                                                      次の実施権についてへ
                                                                        特許+A.comトップへ
当サイトはリンクフリーです。当サイトに掲載されている画像、文章は転載禁止です。Copyright(C)2007 RIKSAP.ALL Right Reserved.

相互リンク:陸上競技