特許+A.comトップ>企業へ売り込む                                                特許+A.com

 企業へ売り込む


企業へ売り込む

       実施契約をするために企業へ売り込みをしましょう。良い発明であったら、売り込みに行かなくても声がかかりますが、そ
       のようなことは非常にマレなケースです。そのため、自分からアピールして売り込む必要があります。

       売り込む方法
       1、書類を送る
       2、電話で話をする。
       3、直接、担当者に会い話をする。

売り込み先を見つける

       売り込むには、売り込む企業をさがさなくてはなりません。発明したものに深く関係のある企業を見つけましょう。たとえば、
       健康に関する発明をしたのに、ゲーム会社に売り込んでも採用してもらえるわけないですね。

       簡単な企業の見つけ方は、売り場に行って、商品に記載されている会社名をチェックすることです。健康に関する発明であ
       れば、それに関する商品を見てみましょう。

企画書を作る

       どの売り込む方法を選択するにしても、企画書はかならず作りましょう。企画書とは、発明の内容をまとめた書類です。こ
       れによって、採用されるか、されないかが決まるといっても過言ではありません。

企画書の書き方

       企画書の書き方は、特に決まっていません。簡単にわかりやすく相手に内容を伝えられれば良いのです。難しく、たくさん
       書く必要はありません。2〜3枚で十分です。いかに少ない説明で良いアピールができるかが、ポイントとなります。

       企画書の書き方
       1枚目・・・・・表紙です。「企画書」というタイトルをつけ、氏名・住所を記載する。
       2枚目・・・・・図面です。絵や写真を使い、発明の形がわかるように工夫する。
       3枚目・・・・・明細書です。発明の利点、動機、市場調査(類似品情報)などを記載する。

       上記の書き方は例です。なるべく項目をわけて記載したほうがわかりやすくなります。


                                                                      前の実施権についてへ
                                                                        特許+A.comトップへ 
当サイトはリンクフリーです。当サイトに掲載されている画像、文章は転載禁止です。Copyright(C)2007 RIKSAP.ALL Right Reserved.

相互リンク:陸上競技