特許+A.comトップ>発明のコツ                                                  特許+A.com

 発明のコツ


不満から考える

       発明は不満から生まれます。「こういうところが不満だ」とか、「こうなればいいのに・・」といったことから発明は生まれます。
       つまり、不満が多い人ほど、発明にむいているのです。まずは、いろんな商品にふれ、不満に思うことから始めるといいで
       しょう。

商品を改良する

       ゼロから発明することは困難です。今ある商品を改良することにより新しい発明が生まれます。例えば、現在使われている
       カッターのほとんどは、折り目がはいっていて、刃が傷んだ場合、刃を折ることによって、新しい刃を使用できるようになって
       ますね。昔は刃を折ることはできませんでした。

       これを改良し、刃を折ることができる「折る刃式カッター」が生まれたのです。この改良のヒントを得たのが「板チョコ」です。
       板チョコも折り目をつけることによって折ることができますね。

発明の発明をする

       新しい発明の商品ができると、その商品に必要な発明ができます。例えば、携帯電話のストラップなどは、携帯電話が発
       明されたことによってできた発明ですね。このように新しくできた商品をチェックし、それに必要な発明を考えることによって、
       新しい発明ができるのです。


                                                                        特許+A.comトップへ
当サイトはリンクフリーです。当サイトに掲載されている画像、文章は転載禁止です。Copyright(C)2007 RIKSAP.ALL Right Reserved.

相互リンク:陸上競技