特許+A.comトップ>特許権の侵害                                                 特許+A.com

 特許権の侵害


特許権の侵害による対処法

       特許を取得すれば無断でマネされないとはいえ、必ず類似品や偽物などといったものがでてきます。売れている商品なら
       なおさらこのような商品が出回るものです。こういった状況になった場合、差止請求訴訟損害賠償請求訴訟不当利得
       返還請求訴訟信用回復措置請求などといった方法で対処します。

差止請求訴訟

       特許権が侵害されている事実が判明した場合、侵害行為をやめさせるために警告書を送ります。もし、これで侵害行為を
       やめないのであれば、差止請求訴訟を起こし強制的にやめさせます。その後、被害額がある場合、損害賠償を請求するこ
       とになります。

損害賠償請求訴訟

       もし、被害にあわなければ得られるはずであった利益があった場合、損害賠償請求訴訟を起こすことができます。これによ
       って、被害額を相手に支払わせることができるのです。請求できる金額は年々増えてきていています。国内の賠償額の過
       去最高額は30億5936万円にもなります。

不当利得返還請求訴訟

       特許の侵害者の故意や過失が証明できない場合や、損害賠償請求権が事項になってしまった場合は、損害賠償を請求
       をすることができません。その時は不当利得返還請求訴訟を起こすことにより、不当に得た金額分を権利者に返還するよ
       う請求することができます。

信用回復措置請求

       信用回復措置請求とは、特許権が侵害されたことにより、社会の信用を失った場合などに侵害者に対して請求をするもの
       です。これによって信用を回復するための措置をしてもらいます。


                                                                次の特許の出願手続きの流れへ
                                                                  前の特許取得にかかる費用へ
                                                                         特許+A.comトップへ
当サイトはリンクフリーです。当サイトに掲載されている画像、文章は転載禁止です。Copyright(C)2007 RIKSAP.ALL Right Reserved.

相互リンク:陸上競技