特許+A.comトップ>特許の特許請求の範囲の書き方                                     特許+A.com

 特許の特許請求の範囲の書き方


特許請求の範囲の様式

       特許請求の範囲の様式は、特許願の様式と変わらないので特許願の様式を参考にしてください。しかし、余白については
       違った決まりがあります。特許願の余白は上6cmに対して、特許請求の範囲の余白は上2cmです。

                                                                 特許願の様式はこちら

各要項の書き方

       【書類名】・・・・「特許請求の範囲」と書きます。

       以下の項目・・特許を受けようとする発明を特定するために必要と認める事項のすべてを記載した項(請求項)に区分して
       記載。請求項ごとに行を改め、番号をつける。請求項の数が1の場合でも、【請求項1】と記載し、2以上の場合は、【請求
       項1】、【請求項2】のように連続番号をつける。


                                                                  次の特許の明細書の書き方へ
                                                                   前の特許の願書の書き方へ
                                                                         特許+A.comトップへ
当サイトはリンクフリーです。当サイトに掲載されている画像、文章は転載禁止です。Copyright(C)2007 RIKSAP.ALL Right Reserved.

相互リンク:陸上競技